2018年05月17日

タコスとルチャリブレの国へ

大好物はタコス、子供の頃の憧れはミルマスカラス。
メキシコを意識したことはないが、どうやらメキシコのものに惹かれる傾向がある。
だが正直、メキシコのブラックバスにはなんの興味も......なかった。

去年の12月初旬だったか、大阪新町の音楽好きの集まるとあるバー。
その夜はコロナwithアンツのライブだったのでフラリと遊びに。
上質な音楽と美味い酒に上機嫌でほろ酔いだった自分に津波ルアーズ元木さんからの唐突な悪魔の誘い。
「メキシコ行かへん?」
本当はT字路Sの篠ちゃんが行く予定だったけど、彼らにとってどうしても外せないフェスの直前というスケジュールとなってしまい泣く泣くのキャンセル。篠ちゃんの代わりとなれば自分しかないでしょということで、完全に場の勢いで軽くOK。
音楽とお酒とブラックバスのカクテルには理性なんてもんは太刀打ちできない。
ただ夜遅くにまともな判断ができない事も自覚しているので3日間の猶予をもらう。
そして次の日、はじめて背筋を伸ばして真面目にメキシコの釣りのDVDをみてみた。
はっきり言って、そこに映るものはイメージしていたものとは違った。
勝手に「簡単にたくさん釣れる」というイメージを抱いていたが、そこに映るのは何かと苦労して1匹1匹を釣り上げていく姿。
つまり簡単には釣れていない。日本とは違う「難しさ」があって「面白味」があって「醍醐味」があるようだ。
それを感じさせるのは他ならない釣り人たちの興奮度合い。
見終わった頃には、心は半分以上メキシコのバスに惹かれていた。

そしてこの旅のスパイス。それがメンバー。
津波ルアーズ、アカシブランドはもちろん,そこにスミスの玉越さんも加わった。
これまで表立って交わる事のなかった面白い組み合わせ。色々、思うことがある。
まあ話せば長くなるが、今回の旅は昨年夏に渋谷の東急ハンズで行なった催事「フィッシングサファリ」でのトークショーがターニングポイント。あの時、自分もその場に居合わせたので、これは「成り行き」だと感じた。

素敵な話だ。
おおよそ40年ほど前にアメリカそしてメキシコのバスポンドに足を踏み入れた日本のバスマン達がいる。
そのメンツは日本のバスシーンの黎明期を支えたメンツ。
さらに言えば日本の独自のバス釣り「サーフェイスゲーム」を築いた面々。
その時のメンバーの一人が玉越さんである。同行は則さんや西岡さん,乾さんなど錚々たる先達たち。
帰国後、その旅で見てきたものに触発されスミス社の銘竿スーパーストライク(ストライカー)が生まれたと聞いた。
それから長い時を経て、そのスーパーストライクを携え再びメキシコへ玉越さんが行く。
同行するのは現在のトップウォーターシーンを90年代から盛り立ててきた心強い2ブランド。
これはまさにドキュメント。そんな素敵なストーリーを自分の目で目撃したいと強く思った。

最後の決め手は「バカバカしさ」。
津波ルアーズ&トップブリッジのメキシコ釣行のDVDで最後の日に元木さんがメキシコまでバスを釣りに来る事の「バカバカしさ」を語っていた。。
「バカバカしい」ことが小さい頃から無性に大好きな自分にはドキッとした。
自分の溺愛する物事を「バカバカしい」「くだらない」と表現する。
これは最大限の感情を超えた時に出てくる言葉。
「素晴らしさ」の最上級表現である。これ以上の言葉はないのだ。
同じバサーとして聞き捨てならない言葉。

あとは決断,否や、覚悟を決めるだけとなったわけで。


そんなわけでこの週末から10日間の遠征。
メキシコのどこぞの湖でロッドを振ることになりました。

ほんとバカバカしい人生です。
あちらのバスがどれほどバカバカしいのか、体感してきます。


帰ってきたらそのバカバカしさをバッチリ、リポートしますのでこうご期待!
posted by ns at 01:28| 日記 | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

オル カフェ オーケストラ

btbbh.jpg

素朴で野蛮。
野生的丸裸。
飾り気なしで無防備。
紳士的な威嚇。

これぞネイティブバスプラグ。

リベあるアングラーズ全面協力の津波ルアーズ新作”オルカフェ”。

ご予約は本日14日23時59分59秒まで!!

アルパカどうぐ店まで!!

posted by ns at 18:53| 日記 | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

WORK ON 001

workon002.jpg

ADLOCK FAKE BAIT.co.

9.5mm 5/8 oz class

硬質発泡樹脂 日本製

全4カラー(今回はMUSTARDを除く3色)

5400YEN (税込)

昨年末に大阪中津高架下で開催したイベントOUTINGでリリース。
今回、2度目のリリース。
1月中,2月下旬,GW前..と告知するごとにリリースが遅れてしまいすみません!
ようやく準備が整いました。

------------------------------------------------------------------------------------
見ての通りバスオレノ。
1910年代にアメリカで生まれた伝統的バスプラグ。オリジナルはサウスベンド社ですが、長い歴史の中、合併買収などもあり様々なメーカーがこのタイプのプラグをリリースしている。
日本では70年代から80年代にかけてエバンス社の発泡素材のものが輸入され流通した。

WORK ONシリーズは、このバスオレノがテーマ。
この無骨で不器用なダイバー系のプラグが実はとても繊細だということに気づき、その部分を無性にカスタムしたくなった。
となると、やはり個人的に最も馴染み深いエバンス社の発泡素材のモデルの“後継プラグを目指す”となるのが自然な流れ。
もし、発泡素材で1910年代のファーストモデルを再現したら...。
そこにサーフェイスゲームでの使用のみを前提とした日本的プロットを落とし込むと...。

結果、面白いものができたと思います。

不器用さはそのまま。
取り柄のダイブやダートを殺し、その代わりにターンやポッピングを生かしたアクションとなっています。
しかしながらバスオレノらしさは損なわずに仕上げています。

昨年1年間、このプラグをテストし多くの魚に出会いました。
よってこのモデルは2017モデルとしてNo.001としています。


このプラグを アイバー・ヘニングスに捧ぐ

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
明日夜よりアルパカどうぐ店にて販売開始いたします。

レトロムさんにもUMP TEMPと共に発送しました。

よろしくお願いします。


お知らせ)私用により、アルパカどうぐ店は16日より29日まで閉店いたします。ご了承ください。

posted by ns at 20:58| 日記 | 更新情報をチェックする

a.f.b.c

AFBC.jpg

バスフィッシングへの憧れ。
最初は80年代。そして70年代、やがて60年代...気づけば、どんどん遡上して1900年代初頭まで。
ビンテージ、オールドと呼ばれるアメリカンプラグに心惹かれて、そのデザインや思考に共鳴し魅了され続けた。
最低限のファンクションのみを携え、言うなればできる限りフェアなスタンスでバスをハントする。
実際のところはどうだったのかはわからないが、そういった妄想気味の解釈で浮かびあがるスタイル、それが自分の憧れたバスフィッシング。

しかし、そんな古き良き時代のプラグや大らかな趣きは、効率性を求め加速する時代の流れに徐々に取り残され、いつの間にか、それを継承する流れもほとんど枯れかかっているような気がする。

だが、ここ日本では傍流ではあるものの、70年代より先達たちが築き上げてきたサーフェイスゲームというスタイルが根強く支持されている。
その嗜好や精神は、あきらかにあの「憧れのバスフィッシング」に通ずる脈絡がある。

Adlock.f.b.cは、錆びついた大きな扉に閉ざされてしまっている且つてメインストリームを泳いでいたスタンダードプラグや名もなきプラグ、そして長い歴史が育んできたプリミティブな精神に再び光をあて、単なるトレースではなく現代の釣りにアジャストさせたモノ造りを通じて「憧れのバスフィッシング」を追随、そして継承しようと始動。

端的にいえば「アメリカがやらないなら、日本で勝手にやるよ」

あくまでその方向性は精神と文化を柱として。


woset1.jpg
posted by ns at 00:24| 日記 | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

アルパカニュース

冗談で作ってると思われがちですが、自分的には本気も本気、大真面目に作っているUMP TEMPがボチボチあがってきたのでアップしています。
電気ウキ以来の衝撃....と、我ながら感動しています。
今回からレトロムさんでも販売してもらいます。あっ、ロットンにももちろんあります。
一気に大量に作れないのが弱点ですが、よろしくおねがいします。
そうそう、なんかプレゼント用にと購入してくれる方が多数いて嬉しい限り。こういうものはそういう形で広まるのが理想で、験担ぎにもバッチリだと思います。気持ちの問題っていうもんをクリアする為の道具ですので。逆に、大の大人がこっそり手に入れてこっそり藁をも掴むおもいで使うってのも純な釣り人らしくて素敵だとおもいます。

このUMP TEMP、ようするに運否天賦、こんな言葉普段使うことないですよね。
自分自身,普段の会話に使った事、これまでゼロです。
しかしいつからか脳にはしっかりとこの言葉が彫り込まれています。
それは釣りキチ三平世代だからとおもいます。矢口高雄先生の随筆にもよく「釣りは運否天賦」というフレーズがよく出てきます。それが摺り込みというか洗脳(笑)のレヴェルで頭の中にデンと居座っていて....。
そこに大人になって読んだ森下雨村師の釣り随筆にちょくちょく登場する英文学者バン・ダイクの言葉「釣りの魅力は不確実性にあり、釣運にある」でグサリ。
これで自分的に一つの釣りの答えが出てしまった。出来上がってしまった。
なんせ森下雨村氏だが、江戸川乱歩を世に送り出したことや日本の探偵小説の第一人者として有名だが、個人的にはやはり日本ブラックバスの父、赤星鉄馬氏主宰の「えび鯛倶楽部」のメンバーの一人でもあったことが決定的。

バス人間であるが故,ブラックバスとわずかでも何らかの関係が見えると迷うことなくそこに傾倒してしまう性。
そんなこんなをどうにか形にできないかと、頭を搾ってでてきたのが、このUMP TEMPなのです。

技術でどうにもならんときは、これしかないでしょ(笑)

最後の最後まで諦めずに愉しむ。これブラックバス釣りの愉しみ方。


よかったらお一つ、ぜひ隠し持ってください!!

posted by ns at 01:21| 日記 | 更新情報をチェックする

2018年05月10日

bass hunt!

btbbh.jpg
posted by ns at 01:08| 日記 | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

オルカフェ

orcala.jpg

遂に完成。ようやく!

コソコソと津波ルアーズの新作プラグ”オルカフェ”に昨年より携わらしてもらってました。

元木さんに一緒になんかやろうと声をかけてもらった瞬間にイメージは浮かんだ。
こんなものは考えこんだら駄目。直感。それだけ。

クジラフェ イルカフェに惚れ込んでる故の葛藤。それを形にして欲しい。
残るは攻撃的なオルカフェが絶対必要。それでFeシリーズは完結する。と。

数々のアイデアソースとなりうるプラグの名をあげ、実際に元木さんに購入(笑)してもらって、使ってもらって、そこからあれこれと要望とわがままを重ねていく。それでいて、あくまでFEシリーズのあのデザインがベース。
それを踏まえて津波ルアーズのエッセンスで仕上げていくという作業。
最後にイメージとして伝えたのはレーベルのスプーンビルミノーだったかと。この無茶ぶり(笑)
あくまでニュアンスとしてだけど。

そして出来上がってきたのが、このフォルム。実に艶かしい姿。

それからも紆余曲折。

ディテール,フォルム,バランスの最終調整のトライ&エラー...。
もちろんアクションが最優先。とにかく攻撃的なアクションを目指した。
最後まで頭を痛めたのはラインアイの位置。ロングビルゆえ許容範囲が広く,数ミリずらすだけで顕著にアクションが変わってしまう。
サンプルを穴だらけにしてベストのアクションを模索したが、どの位置も捨て難い、と、途方に暮れてたら元木さんから送られてきたのはコック・ヘッド・ラインタイが付いたサンプルモデル。これがベストマッチ。ずばりとハマった。これで一気に解決。見た目もバスプラグらしく、ふてぶてしい風貌に。
そこからはスムーズに事は進み、遂に見事な3重人格をもつオルカフェの完成となった。

ようやく解放(笑)。長い長いトンネルを抜け出したような気分だった。
ビルダーの方々の苦労が半分はわかった気がする。。

オルカフェはこの三点のラインアイによる三種アクションの使い分けがミソ。
基本はキックバックとダートですが、なんせジャジャウマなプラグですのでイレギュラーな動きも含め、多彩なアクションが飛び出します。
シチュエーションにあわせるか、フィールドにあわせるか、気分にあわせるか、それは使い手の自由。
なんか釣行の度に発見があって、ポテンシャルはかなりのものだとおもいます。
先日はジャンプまで飛び出した。まるでジャンピングジョー。。
まだ狙ってはできないけど、いずれ意図してやれるように手なずけたい。

ジャジャウマなだけに、とてもプラッギングのしがいがあるプラグに仕上がっています!

個人的にこのプラグのフォルムに、とてもアーリーアメリカンの薫りを感じている。
よってリベラルアングラーズモデルのカラーリングはクラシックルアーの伝統的なものに仕上げてもらいました。
シックなルックスと大胆な動き。素朴で野性的。これこそベーシックなバスプラグ。

リリースは5月末が濃厚。

ぜひとも、よろしくお願いします。。

posted by ns at 00:05| 日記 | 更新情報をチェックする

2018年05月02日

五月

早いもんでもう5月。
ということは平成最後の1年のはじまりです。
平成最後の5月です。
平成の釣りを悔いのないよう愉しんで、全力で投げきりましょう。

子供の頃、明治生まれと聞くと、もう仙人並みに長生きしてるなあと感じた。
それは明治、大正、昭和、3つもの元号の時代を見てきたという豊富な経験に凄みを感じたから。
でも遂に自分もあと1年生き延びたら、3つ目の時代を見ることになる。
次はどんな時代がやってくるのか?
本当に車は空を飛ぶのか?
人工知能に人間は支配されるのか?
宇宙旅行に行くのか?
ま、そんなことはあまり気にならない。

ブラッックバス及び外来生物すべての帰化、そしてバス釣りの存続と世界平和。
第三の時代にこれだけは強く望む。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

サーフェイスゲーム専用ダイス ”UMP TEMP”
初回ロットはありがたいことにすべて旅立ちました。
この技術や性能ばかりが話題になる現代のバスフィッシングシーンに逆行するようなアイテムがはたして受け入れられるのかと不安でしたが、周りの友人達が面白がってくれるので安心して..というかそんな素敵なつり人達が喜んでくれるなら、たとえ少数だとしてもやる意味があるなと思いコツコツ仕上げています。
来週にも第二陣を販売します。
ロットンとレトロムさんからも来週販売いたします。
どうかよろしくおねがいします。


次回、このアイテムのエピソードをもう少しお話ししたいとおもいます。


では。


posted by ns at 22:59| 日記 | 更新情報をチェックする

2018年04月29日

今日のニュース

70726f647563742f32303138303430315f3937383361392e6a7067003630300000740023666666666666.jpg

トップウォーターバス釣り専用ダイスのUMP TEMPが少しずつですが出来上がってきています。
予定より遅れまして、どうもすみません。
完成次第徐々にアルパカどうぐ店の方にアップしていきますのでよろしくおねがいします!

それからそれからリベラルアングラーズプロダクトADLOCK FAKE BAIT.CO.のWORK ON 001 (2017バージョン)を連休まっただ中か明けぐらいにリリースいたします。
現在2018年バージョン(ウェイトバランスの変更で水絡みを強くしたタイプ)を既にテスト中ですが、1stモデルはイベント(outing2017)のみでしか販売していないので、アルパカどうぐ店バージョンを制作しました。前回同様のRHと新色二色追加で登場予定です。

大型連休、人も多いしスポーニングも絡んで釣りにくいですが、間に雨の日もあって絶好のタイミングがどこかにありそうです。
嗅覚を信じて狙い撃ちしましょう!
水難事故にはくれぐれもお気をつけて!!


ではでは、よい釣りを!
posted by ns at 06:51| 日記 | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

crawler S.O.B -2018 new color-

SOB.jpg

しつこいようですが、このプラグが大好きで常にオーダーをかけ、ようやく3度目の入荷です。
2018年シーズンに向けてのNEWカラー。

日本のサーフェイスブランドのペンシルベイトといえば昔からスケーティングアクションが重要視される傾向が強く、よって様々な試行錯誤の末、ハイレベルのものが数多く存在している。
逆にスティックタイプ、すなわち立ち浮き姿勢のペンシルベイトとなると、その選択枠はいまだ少なく、未開拓な部分も多い。

クローラーによるこのスティックベイト”S.O.B”は言わば実験的で挑戦的、そして画期的。
中枢はオリジナルプレートを用いたレール状の注水式ラトルホール。
ウッドプラグの利点を活かしつつプラスチックプラグならではの重心移動システムを見事に搭載。
かつ、水を絡めた独自のラトルサウンドを模索、試行。
また、プレートを外すだけで使い手の好みやフィールドにあわせてボディーバランスを変えることも可能。
加えフックリグを排し、スイベルを埋め込み360°可動式となったフックでバラシを低減。
これまでのウッドプラグにはほとんど見られなかったカラクリが満載。

アクションも多彩で、ピンスポットでのスローな誘いから、パイロット的に広範囲をスピーディーに探るのにも適している。
ダイブにスライド、不規則なドッグウォークに立ち浮き姿勢ならではの水面を叩くチャグ音。
使い込めば使い込むほど芸達者なことに気づかされるプラグです。

そして2018年ニューカラーで今回登場のスケールカラー2種。
コパーとシルバー。ここにも一工夫。鱗模様が凹凸仕上げとなっている。
まるでレーベル社のクロスエッチングを彷彿させ、同様の散光効果が確実に期待できる。

機能を積め込めば、おのずと複雑な形状になっていくのが通例。
だが、このプラグはいたってシンプルな仕上がり。
そこも大好きな理由。

百聞は一見にしかず  新たな一手におススメです。。


ちなみにこのプラグ,作者の意向でフックは付属していません。
使い手自ら、好みや釣り場にあわせセッティングしてもらいたいとのこと。
一応、標準的な推奨は3番フックです。


DSC_0446.jpg


posted by ns at 21:15| 日記 | 更新情報をチェックする