2015年11月27日

good job

激減した琵琶湖のアユが急速に回復!?

日本で最も歴史のあるつり雑誌「つり人」の方が、こういうことを公に発言するということはとてもよろしいことだと思う。

人類が魚類を支配下におこうとする行為は愚鈍。
子供に「この魚は悪者だから、駆除しなさい」という教えは、狂気としか思えない。
害虫害獣=駆除。
これは人間の財に対するエゴにすぎない。

と、まあ、こんな批判言っても、これもまたブラックバスが好きな自分のエゴが絡んでいないとも否めない。
口ほどにもないやつになり下がる、わけです。

ここに、答えはない。
posted by ns at 20:02| 日記 | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

man with sticks

ほんと情けないことに、2年ほど前から、釣りに行った後の2日間ほどは肩が馬鹿になる。今年はさらにその馬鹿さ加減がひどい。これがいよいよ四十肩というやつか、と、そんな数字で残りの人生の残高を勘定、その目算した短さに溜め息。さらに加速するべきか、それとも惰力でなるがままに身を委ねるべきかと、毎晩、お酒と音楽をお供に.......くそっ、気づけば怠けている。無精をさらす。
今年は若気を彷彿させるほど活発に活動して、すでに燃料は空っぽ。だからすっかり気を抜いた生活をおくってるが、これがなんと張り合いのないことか。。
結局のとこ毎夜、知恵の輪の如くフックが絡まったルアーの解きと怪我が絶えない我が身の瘡蓋チェックで消灯。なんて牧歌的な。
これではいけない。腐る。
先日、近所で、大好きな「カツ丼」の看板が目に入った。
最近開店したみたい。
喜んで近づくと「カツ丼」ではなく「ガツ丼」と書かれていた。
「ガツ丼専門店」とある。なんやねん、それ。
なんか嬉しい裏切り。
つまりそういうこと。ようわからんもんに裏を切られたい。

そういうわけで急遽12月、蚤の市やることになりました。

巡業に明け暮れた今年の六屯釣具店。
最後はホーム。地元で凱旋パーティ。

〆はやっぱり、今年、なにかとお世話になった&一緒に色々遊んだイレクターズさんとレトロムさんとブートレスボーイズさんをむかえての闇市。つまりブラックマーケッツ!
バス狂いの皆さん、ぜひガツ丼を食べて、ロットンへお越し下さいませ。

ロットン蚤の市.jpg








posted by ns at 07:51| 日記 | 更新情報をチェックする