2016年10月21日

久々のストライクデー

久々にスミスのスーパーストライクデーに参加した。
毎年、関西は琵琶湖で開催されてるがここんとこタイミングが合わなくて不参加が続いている。会いたい人達が沢山いるのもあって毎年、別の場所で不完全燃焼の一日を密やかに過ごす。
今年も同じ。だが今年は2年に一度のストライクデーin徳島。
タイミングよし。これは参加するしかないとなって四国に入国手続。
実のとこ自分の家からは琵琶湖行くのと徳島に行くのとは、ほとんど時間が変わらない。だから余所行きの意識もなく琵琶湖の替わりというわけでもない。なにより四国の方にも会いたい仲間が沢山いる。
前夜のうちに徳島のお友達の家にお邪魔してゆっくり眠ってからまず釣り。
スミススタイルで基本的1尾を頂戴する。
その後、会場入り。
なんというか、やっぱりいいなあストライクデー。
スミスの面々はもちろんのことやけど、徳島の釣り人の粋な心意気はほんと大好き。
ピュアでワイルドでほどよく毒もあって...。四国のトップウォータープラッガーの特徴として個人的に強く感じることは、スタイルを重視しているところ。釣り方じゃなくてライフスタイルと連動させてる釣りスタイル。
例えば車だったりカヌーだったりファッションだったりキャンピング道具だったりと。全てを釣りと直結させて“遊び方”を上手く表現してそれぞれ個人個人が確立させている。
見ててとってもオモロい。
こんなローカルスタイルとスミススタイルの絡みだから、面白くないわけない。
で、その後、おもった。
こういうもんを面白いと感じるのは、やはり、あの時代への憧れが強いからだと。
この日、玉越さんは古い写真を沢山持ってきてくれた。それがまさにその時代のもの。
70年代の日本のバスフィッシング。写真には若き日の玉越さんや則さんに、若林さんや乾さん、羽鳥さんに西岡さん....などなど。凄いメンツ!
オジャガ池で、カウチンセーターを着てパイプくわえて釣りしてる玉越さんは粋すぎる。
もう頭の中がグチャグチャになった。古い時代の写真だが、見たことのない最先端をみた気分。
ほんと釣りは、生き様。全てそこ一点に出し切る価値ありと確信。
玉越さんには釣りの愉しみの底なしさを思い知らされる。
鳥居さんの笑顔に癒され、三浦さんの紳士ぶりに男を学び、小笠原さんにワイルドをみせつけられる。
これが自分のスーパーストライクデーの愉しみ方。

今回はほんと徳島の仲間にお世話になって楽しませてもらった。
ほんとありがとう。

徳島から帰るときって、いつもなぜかとても寂しくなる。あれはなんなんだろう。
そして
いつも思う。
車でも、フェリーでもたかが2時間程度しか離れていないのに、彼らとはなぜ、あんなに訛りが違うのだろう(笑)
とってもやわらかいいい感じ。徳島弁、いつかマスターしたいとおもう。
posted by ns at 22:37| 日記 | 更新情報をチェックする