2016年11月21日

punk forever

いよいよXデイ間近。
SEX PISTOLS「Anarchy in the UK」リリース40周年記念の11月26日。
今年イギリスでは国が率先して「パンクロンドン」と題した年間イベントに取り組んできた。全くもってバカバカしいこと。反政府反体制の象徴であるパンクシーンを讃えるという愚行。当時は弾圧に必死だったはずなのに。にっくきパンクも後に世界規模で広まってロンドン発の誇れるカルチャーとなったので結果オーライってことか?
それともパンクが主権に喰われたのか?
遠い国の自分にはほんとうの実体は見えないが、唯一、マルコム・マクラレンとヴィヴィアン・ウエストウッドの息子のジョセフ・コーレの行動にだけは心躍る。
イギリス政府がパンク40周年行事を官製イベントとして企画することへの反発として、自ら所有するパンク関連のアイテム8億円分相当を11月20日にカムデンですべて焼却すると表明している。
これは笑える。
この行為を惜しいと思った時点で、もうパンクじゃない。

イギリスもいっそのこと、これを機に国歌を「Anarchy in the UK」に変えればいいのに。。

posted by ns at 20:43| 日記 | 更新情報をチェックする