2016年12月14日

せんべろ

せんべろとは、「1000円でべろべろに酔える」ような価格帯の酒場またはサービスメニューの俗称。

15分もあれば関空に行けて、そこから格安飛行機が飛んでるおかげでちょっと沖縄に呑みに行こうとおもえば家を出て3時間後にはオリオンビールを胃に流し込めることができる今の生活環境。そこに待ちわびる近頃の”沖縄せんべろブーム”はまことに危うい罠。去年なんて全くと言ってもいいほど見かけなかった「せんべろ」の看板文字。ここ半年で一気に拡散か。どこもかしこもせんべろ押し。ありがたい反面、素っ気ないのは言うまでもない。安さと引き換えに、”何か”を打ち消される感じ。まあ呑み方なんて人の好みなんで色々あった方が酒場は賑わっていいとおもう。にぎわってこその大衆酒場。だけど自分的にはまず大衆食堂やステーキ屋もしくはタコス屋で腹をある程度埋めてからカウンターがあるお店で沖縄料理をあてに呑むのが一番気分がいい。
しっかしあそこまで、どこもかしこも、せんべろを売りにしてしまうと庶民の馴れも加速して、言うてる間にありがたさが消えて飽きてしまうだろうに。路地に入れば10mおきにせんべろせんべろ。
そうなればやはりどこかが、抜き足で次の手へ。さらなる奉仕への挑戦。
もうワンコインしかない。500円玉でベロベロのワンベロへの挑戦。
だが現実問題、ワンコインでベロベロにさせるのは不可能に近い。いいとこベロベロじゃなくペロペロ。よってワンペロ。
大衆酒場に次にやって来る新たなる波は、ずばりワンペロと予想してるわけだが。


20161211_1550736.jpg
photo by tsunami times

津波ルアーズ 「ワンダーペッカーロイヤル」 通称ワンペロ
あのワンアクションごとにペロッと水面を舐めるプラグがようやく再発となる。
デザインとアクション、共にいかにもオールドファッション的なバススプラグ。あのピーナッツバターが好きそうなまぬけ面が大好きでこの再リリースを待っていた人も少なからずいてるはず。
せんべろブームとは無縁だけど、同じように地味にワンペロブームなんが一部水域で突如湧き起こったりしたら、この大衆娯楽のバス釣りの懐の深さも柔軟に広がるのになあ。とか、よくわからんことを某酒場でおもう。

ちなみにこの「せんべろ」。ウィキペディアによると一般には作家の中島らもと編集者の小堀純が、共著の著書『せんべろ探偵が行く』で使い始めたのが最初と言われている。ということらしい。
なんとも言い難い妙な因果にいたずらされたような気分になる。
その昔、津波ルアーズ元木さんが中島らも氏のバンドでギターを担当していたという過去。大好きな沖縄での昨今のせんべろブーム、そしてその先に自分が推奨するワンぺロ。そこに「ワンダーペッカーロイヤル」の再販。この連鎖、不可解だ。

そんなことに引っ掛かってるのは、きっとこの世界で自分だけ。
きっとそこには

なにもない。

posted by ns at 23:40| 日記 | 更新情報をチェックする