2017年02月26日

Tsunami Lures packer

02.jpg
2009年に津波ルアーズがリリースしたオリジナルバッグがありました。
当時、元木さんにマカロニウエスタンのプチブームみたいなのがあって、自分も軽く便乗した記憶があります。40過ぎてから記憶が曖昧ですが..。あとアロエと間違えてサボテンをかじってからも、なんか記憶がバグっている。まあそれはさておき、そうして、この津波ルアーズ的マカロニウエスタン調ノスタルジーを全面に打ち出した逸品が誕生したのでした。
当然のことながら市場からとっくに消えてしまっているのですが、昨年、製造を請け負ったファクトリーでサンプルモデルや端切れなどをまさかの発掘。
東急ハンズで行なった催事「フィッシングサファリ」にも出品したりして、棒手振り、そしてこれが本当に最後の最後のデッドストックとなりました。
リリースされたものとは素材、デザイン、造り的にはほぼ同じ。ディテールや装飾部分が一つずつ少しずつ違うのみ。各種それぞれ一品のみ。
アルパカどうぐ店専売、アウトレットプライスでの放出。
柄物というもん、この手の逸品はあとからじわじわと愛着が溢れかえってくる飛び道具です。

総柄のデザインは、暁のガングリップマン
流れ者のさすらいフィッシャーマンが荒野を舞台に大活躍。無法者に嬲り者にされかけたギター弾きの娘を助けたことにより、悪党共の理不尽な抗争に巻き込まれてしまう。 ユニークな音楽と雄大な自然を背景にLOVE FISHING,MUSIC&PEACEに翻弄された運命と人間模様を鮮やかに描くウエスタンロードムービー。ラストシーンのBASSにまたがり決闘に向う勇ましい姿は必見。
こんな感じのストーリーです。
1970年前半頃の映画グッズ的でもあります。
いなたさが全快。

子供が持ってたら生意気で垢抜け、女の子が持ってたら単にかわいい。
若者がラフに持ってたらお洒落、落ち着いた大人がさり気なく持ってたら粋。
そんな感じ。

道具は友達。ちょこちょこユーモアの際立ったヤツがいる方が絶対面白い。
t1.jpg

アルパカどうぐ店。
posted by ns at 18:07| 日記 | 更新情報をチェックする