2017年05月26日

謎の好調

最近、絶好調に釣れている。
近頃、釣行記なるものを一切書かなくなった。どうも言葉にするとリアルな記憶がぼけてしまう。よって今後も書く機会はすくないと思うが、今、絶好調に釣れている。
相変わらず大きなプラグと小さなプラグが面白くてブラックバスのそれらに対する反応の違いを観察研究して楽しんでいる。
色んなプラグを対比するのはルアーフィッシングの愉しみ方の一つ。
サイズはもちろん、素材であったり、カラーであったり、国産プラグと舶来プラグであったりと色んな個性でバスの反応が違ってくる。ブラックバスは違いのわかる素敵な魚。
好きなプラグで押し切るのも爽快だが、最近はもっぱらそういう研究に夢中。
でもただ釣れればいいってこともなく、やはり意外性を求めて釣果を貪っている。
この頃はビートキングに軍配が上がりっぱなし。確かにあのプラグは釣れる要素が詰ってるが、最近の好調はどうも理解し難い部分が強くあって、これまさにコンセプト通りにカウツキ−社の“何か”が効力となってるとおもわれる。潜在的、遺伝的な部分を刺激しているような。あの目はヘドンのヘッドプラグ同様にサケ科のデフォルメと思われる。バスがサケを食べる??そんな想像は論外だが、ブラックバスの学名は”Micropterus salmoides(ミクロプテルス・サルモイデス)。salmoidesってのはラテン語?で『サケみたいな』という意味だ。ここから考えられることは.......わからん。それがおもしろい。
小さいプラグに反応悪くても、あれを投げれば毎回バスが飛び出してくるこの頃。
いつまで続くのかこの気味悪い好調。
ツタンカーメンのなんとか、みたいなもんだったりして。

14.jpg
posted by ns at 22:33| 日記 | 更新情報をチェックする