2019年10月23日

電気ウキ

数年前からハマっている太刀魚の餌釣り。
只今シーズン真っ盛り。
夜になると大阪湾の水面が無数の電気ウキでライトアップされる。
自分のように、ふらっと気まぐれで竿を出す人間には明らかにルアーフィッシングが向いているが、あの電気ウキが水中にゆっくり引き込まれてゆく、なんとも言い難く、まるで魂を吸い取られるような快楽を覚えて以来..気づけば電気ウキ中毒になってしまっている。
求めるものがそんなところにあるから、もちろんソロ釣行。
家から10分程度の近場に長くても2時間の滞在。それが定番スタイル。
スピリチュアルなジャズを聴きながら、電気ウキの灯りがゆっくりと水中に引き込まれ、滲み、萎み、やがて消えていく。
別にファイトを味わいたい訳でもなく、食べたいわけでもなく、釣り上げた快感を味わいたい訳でもない。
大昔、バイクで転んで気を失った。
徐々に薄れていく意識、ノイズが混じる視界、フェードアウトしていく音と光。
強いていえばその時と同じ類の快楽。

きっと太刀魚じゃなくてもいいのだと思う。
ゆっくり、じんわり、灯りを水中に引き摺り込んでくれる魚ならなんでもいい。

釣りの愉しみ方は千差万別。
スピリチュアルフィッシングの探索は老後への積立のようなもん。









posted by ns at 22:28| 日記 | 更新情報をチェックする

2019年10月07日

2017

マックを開く。
写真をクリックする。
これまで撮り溜めた写真が沢山ある。
で、今更だがライブラリに”メモリー”という項目がある。のに今日気づいた。
これまで意識もしなかった。
とりあえずクリック。
どうやらパソコンが勝手にベストショットを選んで過去の思い出を甦らしてくれるという類のやつだと思う。

懐かしい写真が一杯。なかなか渋いセレクトをしてくれる。

特に「この年のベスト 2017年」に勝手に選んでくれたそのセンスがいい。
ユーモアがわかってる。

この微妙な4人のポーズ。
まるでNYの前衛劇団の様。

DSC_0313.jpg

posted by ns at 23:30| 日記 | 更新情報をチェックする

2019年10月04日

RIVER

10/4 AM5:00 - 9:00
和歌山 河川

強烈な日差しで軽く日焼け。半袖で蝉の鳴き声を聞きながらの釣り。
まるっきり秋を感じられないムード。
前日からの雨で濁り気味。水門閉止で流れなく水面に”気”なし。
久々に来たら見知らぬ流木多し。
台風での増水で上流の中洲から流されてきたもの。
上流に上がりあの木を確認しようと思ったが、姿なし。
台風かと思いきや近くに盛土とショベルカー。
そんなところを整備する必要があるのか?ってところ。
もし妖怪が住んでいたら、きっとそれなりの代償を払わされる。

4BITE 2BASS 1OUT

PA041028 2.jpg
posted by ns at 19:03| 日記 | 更新情報をチェックする

2019年09月18日

TODAY

9/18 AM5:00 - 12:00
紀伊半島リザーバー

蝉 蛙 野鳥 蝶々 虫.... 風が吹けば肌寒いが、山の生き物はまだまだ夏の様相。

4BASS。

P9181027.jpg

P9181029.jpg

P9181034 2.jpg

P9181036 2.jpg
posted by ns at 22:11| 日記 | 更新情報をチェックする

2019年09月13日

ススメ

P8301153.jpg

まあ、生きてたら、それなりのストレスが全身に溜まってくるもの。
まあ、解消の仕方なんてもんは、人それぞれに適した処方箋があるもの。

その上で、一方的にオススメするとなると.....

工房 西岡 の 静物 を 家中に 放て !


と    なる。

インドア..... アウトドア......その境界線をぶち消す。

ブレイクドアのススメ。





posted by ns at 23:30| 日記 | 更新情報をチェックする

2019年09月12日

雑場

IMG_20190912_230224.jpg

猿の47 クソ旨し。

WORK ON 003の構想に耽る。

夏も終わる。

P6221245.jpg

外来種は本当に悪者か?
100000009003145254_10204_002.jpg
posted by ns at 23:21| 日記 | 更新情報をチェックする

2019年09月06日

Trip Roll

また台風。
またまた台風。
一年一度の恒例遠征釣行も予定を変えざる事態に。

ただ自然は気まぐれ。
ひょっとしたらうまい具合に目的のフィールドは悪天候を躱すかもしれない。
そんなことを考えると簡単に中止とする判断に迷いが生じる。

でも尊敬するアウトドアマン達の著書にはよくこんなことが書かれている。
「引き返す勇気と判断力を持つことが真のアウトドアマン」

先達の手引きは、いわば何千年も前から受け継がれる冒険者の教訓。

未練タラタラだが本命フィールドは諦めるか.....。。。
この判断にきっぱり「誇り」を持てたら、一人前。。。。
まだまだだ。

ちなみにこの恒例の遠征釣行は年に一度エニードープ と同船する機会。
彼は毎回、プロトを持ち込んでくるのでとても楽しみ。
名作FLYNOSEなんて2年以上前からコツコツやっていた。
今回はどんなプラグを見れるのか!?

FLY NOSE 製作現場
P9080828.jpg
posted by ns at 00:49| 日記 | 更新情報をチェックする

2019年09月01日

Outing Show Memories

DSC_0081 2.jpg

Outing Show 2019 original NewsPaper bag

コットン製
本体 40cmx35cm
ベルト 83cm

前回のサコッシュに続き、今年はVintageのNewsPaper bag をモチーフにしたOutingBagを製作しました。
生地から縫製、プリントまで一貫してメイドイン大阪のマニアックな逸品です。
散歩にピクニック、キャンプ時の散策やフリーマーケット、野外イベント、釣りなどなど、外遊びでのサブバッグとして使い勝手が良く、映えるデザインに仕上げました。もちろん街中でも使い勝手のいいサイズです。
また、内側のポケットに本体を収納することでコンパクトに持ち運べます。
そしてOutingBagといえば毎回、誤字脱字を含むデザインとなってますが今回もバッチリ盛り込んでいます!
Outing Bagのテーマは古き良き時代へのリスペクトと遊びココロと使い勝手。
使いこむほど味が増します!

fc034a6d1eb4c7d86cbea60f18adfda3.jpg


若干、ストックあり。
イレクターズ 、ロットン釣具店、アルパカどうぐ店にて引き続き販売中!!
再生産の予定はありません。
posted by ns at 22:15| 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月30日

もう一週間

OUTINGからもうすぐ1週間。
一ヶ月ほど前から脳内フル回転。
...からの無回転状態。
夜な夜なデコイとプラグを眺めつつMATTHEW HALSALLばかり聴く。
かなりの放心。
なかなか体調&脳内環境が元に戻らない。
これ成長の副作用。
一週間後、1.5倍ぐらい洞察力があがっているはず。

あらためて本当たくさんのご来場ありがとうございました。
心から感謝いたします。
でもあれですね、久々に会う人も沢山いたけどじっくりとお話しできないのがイベントのデメリット。
もうたくさんの顔が次々に目に入るから、挨拶程度しかできない。
心の中では一人一人、ジョンボートの上で釣りを嗜みながら、近況をじっくりと話したい気分なのです。
でもおかげさまで26日は幸せな誕生日の目覚めを迎えれました。
あの日、同じ空気を吸った全ての人に感謝します。

まあ、改めてですけど.....今後とも、宜しくお願いします。

OUTINGの助さん角さん!!
line_967807958549345.jpg












posted by ns at 23:55| 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月28日

釣れるルアーに罪はない

DSC_0082.jpg

パラボリックス 「シルバーバグ」

5/8ozクラス. 80mm バルサ製
カラー LAYB (LIBERAL ANGLERS YELLOW BUG )

リトリーブ専用ダブルスイッシャー「シルバーミノー」のJrサイズ「シルバーバグ」。
ビルダー本人が”大人げない”と言うほど釣果に貪欲なスタンスの弱肉系バスプラグ。

先日のOUTING2019で販売したところ瞬く間にソールドアウトになった為、リクエスト受注生産して頂くことになりました。
ただし個数限定です。

締切は9/1(日)
お届けは9月中旬となります。

反則?イヤイヤ、釣れるルアーに罪はない。

受注受付はアルパカどうぐ店へ
posted by ns at 23:23| 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月26日

終演

DSC_0126.jpg

撤収完了。
最後はこのポスターを剥がすのみ。
この瞬間の安心感と感謝と喜びと....寂しさ。。

OSAKA OUTING SHOW2019
満員御礼!

ご来場の皆様、出展ブランド様、運営スタッフのみんな、心から感謝致します!!

ありがとうございました!!
posted by ns at 21:23| 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月24日

明日

ようやくやってきました。
恐れていた台風も来ず。
残りの雨も今夜降り切ってくれるそうです。
イレクターズ の古き良きアメリカンスピリッツを詰め込んだコンテナもギリギリ到着!!!
アメリカのあの頃の薫りと日本最前線の野外道具が混じり合う大阪アウティングショー。
まさにニューヨークばりの坩堝です。

キャンプ&フィッシング。
則さんに憧れた30年前の少年の僕らが作り出す素敵な空間。

道具は自然との大切なコミュニケーションツールです。

必ず素敵な何かに出会えると断言します!!

ぜひ、明日はOSAKA OUTING SHOWにお越しくださいませ!!

OSAKA OUTING SHOW HP

OUTING2019_2.jpg


posted by ns at 23:59| 日記 | 更新情報をチェックする

T.W.J

いよいよ明日に迫ったOUTING2019.
急遽、ブートレスボーイズブースの端で少し出店します。

DSC_0080.jpg

SLYなHEAD...と思いきやTAILに目??
SLY TAIL ?いやいやSLY HEADより悪がしこいSLY HEAD。
まるでHeddonのDowagiac Crab Wiggler を思わす出で立ち!?

DSC_0090.jpg

TOP WATER JUNKY
SLY HEAD "OUTING"
LIBERAL ANGLERS SP OW"

OUTING2019にて先行販売。

よろしくお願いします!

posted by ns at 12:19| 日記 | 更新情報をチェックする

ADLOCK FAKE BAIT.co.

DSC_0103.jpg

かつてはアメリカの大衆的バスプラグであったでBASS ORENO.
しかし現代にその遺伝子を継承するプラグはほとんど存在しない。
100年以上の歴史の中で様々な総合メーカーやローカルメーカーが製造を繰り返してきた。
が、その継承は今、途絶えてしまってると言ってもいい。
納得がいかない。ならばと立ち上げたのがWORK ONシリーズ。
生涯、ライフワークとしてこの探索をひたすら続けてまいります。
こんな太い糸で閉じかけの穴を通すような活動に賛同協力していただけるクラフトマンと協力してお送りいたします。

第二弾 002 「BRAIN CONTROL」
バスオレノ最大の特徴であるヘッド形状。
あのアクションを生み出し、個性を引き立たせるあのヘッドすなわちブレイン(脳)の部分を完全コントロールしようというのが今回の試み。
ある意味、個性そして伝統を殺すというタブー。
結果的にドッグウォークからスライド、ポッピング、ダイブ、ダート...と完全ブレインコントロールに成功!!
反伝統的ORENO!!

Bass Oreno 自由研究 第二弾
ADLOCK FAKE BAIT.co.
WORK ON 002
"BRAIN CONTROL"
wood 製

BLACK BRAIN 全3カラー 
BBO BBY BBW

8000yen (税抜)

Osaka Outing Show2019より販売開始。

このプラグを Ivar Henningsに捧ぐ
posted by ns at 07:25| 日記 | 更新情報をチェックする

急遽参加

いよいよ明日OSAKA OUTING SHOW!!!

今回もがっつり運営側のやる事いっぱいで出店は諦めてましたが、絶対なる信頼を置く友人2人が応援に来てくれる事になったので、やはり少し出店しようと思います。
多忙な2人には本当感謝!!
この強力なコンビがOUTING SHOWのツートップとなり皆様を迎え入れてくれます!!

そう言うわけで出店の方ですが場所がもうないんで、ブートレスボーイズのブースを少し間借りしてホソボソとやらせてもらうことになりそうです。
しかも留守にすることが多いと思います!

ADLOCK FAKE BAIT.co.
WORK ON 002 "BRAIN CONTROL"

TOP WATER JUNKY
SLY HEAD outing Liberal Anglers SP "orange Wing"

Old American tsurigu

Life zakka などなど


outing終了後はアルパカどうぐ店にも登場予定です。

よろしくおねがいいたします!!!
posted by ns at 06:37| 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月20日

ADLOCK FAKE BAIT.co.

P8191107.jpg

意味のない事かもしれないし、馬鹿げた事かも知れない。
それがわかっていてもやめれない。
とにかくバスオレノというトラディショナルなプラグをあらゆる方向から自由研究したい。
こんなことを生涯のライフワークと掲げている。

今回も強力なサポートの協力の元、解体再構築に成功。

あの頑固なオレノヘッドを完全ブレインコントロール。
ダイブにダート、ドッグウォークにスライド。
釣り糸の先で意図のまま忠実に泳ぐバスオレノ??

これは進化か、冒涜か?

ADLOCK FAKE BAIT.co.
WORK ON 002
"BRAIN CONTROL"
ウッド製で登場。

OSAKA OUTING SHOW アルパカどうぐ店にて販売予定。

よろしくお願いします!





posted by ns at 00:15| 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

osaka shot

P8181097.jpg

P8181094.jpg

P8181093.jpg

P8181087.jpg
posted by ns at 23:51| 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月14日

ツリー

P8141085.jpg

台風前。
2日連続の釣行。
20匹ほどのバスに会って想う。
「ほんと面白い魚」

人はTV&ネットの情報により台風に備える。
自然界の生き物は本能のみでそれを察知し備える。

以前、極めて自然の中にある人口の休憩所にて食事をしてると、その一段上がったタイル敷きで屋根のある場所に突然毛虫が大量に上がって来た。
そのほんの約5分後にゲリラ豪雨。
その場にいた人間は5分前の晴天の空を見て、誰一人その豪雨を予想できなかった。
アイツらは想像以上に鋭い。

今朝見たこの大木は台風による暴風と激流に立ち向かうべくとてつもない気迫を放っていた。

無事に倒されなかったらまた会おう。


posted by ns at 23:48| 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月01日

OUTING

その昔、吉本万里という方がいた。
ご年輩の釣り人、及び、通な方はご存知と思うが昭和を代表する釣り雑誌“フィッシング”の編集長だ。
子供の頃というものは目に見えるものが全て。何においても水面下の「裏方」の世界を知る由もなく意識もしなかった。が、大人になってアレコレと知識を得ていくと否応にも見え出してくる世界というものがある。自分の釣観において、この方の存在そして残したモノにとても恩恵を受けてることに徐々に気づいていった。その後の日本初のバス雑誌”BASSER”を生み出した三浦さんにも強く影響を受けた。
このお二方の”業”から一貫したモノを見出して、それに突き動かされて現在の自分のアクションは引き起こされている。
そういう気がする。
吉本氏は、則さんと芦沢 一洋氏を引き合わせた。
生意気にも、その気持ちがすごくわかる。
遡ると、バスを移入した赤星さんがアメリカでバスと出逢ったのはレイクサイドでのキャンピングだ。
三浦さんの唱えるキャンピングやフィッシングへ考え方もまさにその流れ。
その流れを引き継ぎたい。
OUTINGは自分にとってまさにそのストリーム上のアクション。
絶対に途絶えさせたくないカルチャー。
それがキャンピング&バスフィッシングなのです。

出展ブランドが全て出揃いました!!!
珠玉のラインナップ!!!
ぜひ8/25はOSAKA OUTING SHOWへ!!!!

OUTING2019_2.jpg








posted by ns at 23:04| 日記 | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

世界は深美しい。

tehutehu_web_3x.png

​howseさんで開催されているtehutehu の展示即売会へ
蝶採集専用のハンティングウエア・ギア、スペシメンボックス(標本箱)など、未知の世界にかなり強い刺激を受ける。
ルーペを覗いて見た蝶は、自分の知る蝶ではなかった。
主宰の浅野くんの世界観も素敵で危なっかしく、とても興味深い。

翌る日は和歌山県立近代美術館での企画展「ニューヨーク・アートシーン」へ。

ec80eecdf497cbbd285b97cb1a98deb8.jpg
まさかのデュシャンやフルクサスなどの展示があり興奮する。

帰宅後、酷い疲労感。
濃いものを散々に食べたときのように胸やけ。

あまりに強い刺激を味わった時は、いつもこうなる。

暫し昼寝をした。
すると夢に則さんが出てきた。
しかも若き日の姿で。
場所は池原ダム。
我々がタイムスリップしていた。
我々はタックルを見られないように隠した。
歴史が変わってしまう気がしたから....(笑)
だからホッテントットを投げ続けた。

このタイミング。明日が命日。

本当素敵な出来事ばかりだが、疲労感が酷い。。

ただこれをうまく消化すると、何かを得れる。






posted by ns at 22:38| 日記 | 更新情報をチェックする