2016年12月16日

cafe

NEOBK-2036516.jpg

shimanoさんが発行してる季刊誌”fishing cafe”の最新号が届く。
おもしろい。今回は釣本好きにはたまらないネタ。
毎号、商売とはほとんど無縁のネタをマニアックなレベルまで掘り下げてくるこの雑誌は一体どういう人達がつくってるのだろう?大手メーカー発というのがまず不思議。いや、大手だから可能なのか?
どうあれ、現代日本の重要かつ貴重な釣り雑誌。
今回は、古今東西の釣り指南書の掘り下げ。
本来の無垢な釣りと作者の想い熱量が伝わる内容。
最近、もっぱらつり人が論争を繰り広げるのは害魚論やそれにまつわる行政の云々、それにマナーや他人の釣りの話ばかり。大事な部分ではあるが、そこに足止めされすぎてて、全く面白くない。うんざりすることも、たびたび.....。
まるで密室の話。たいてい迷走してるし。
こんなときの処方箋として、この手の本はほんとにいいとおもう。
目的地が見えてるなら、まず真っすぐ進むことを忘れてはいけない。そんな単純なことを修正してくれる。が、そういう意気込みで肩に力が入ってしまうと、面白くなくなるのも事実。
結局、ニュートラルの状態がなにごとにも適してる。と、おもう。

「魚がかかってしまうと、もう釣りには興味がなくなる」 シャルル リッツ

一体何を言ってるのか、この男?気になってしかたない。
氏が1953年に発表した名著はフランス語で「現場からの報告」というもの。
これって、昔のスミスの広告に書かれていた「スミス オリジナルの報告」の元ネタ?
妄想フル回転で偉人達の指南書の世界に迷いこむ。

これまさに冬の釣り。アームチェア・フィッシング。

BGMには、トミーゲレロの最新作『The Endless Road』が最適。



posted by ns at 21:09| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

せんべろ

せんべろとは、「1000円でべろべろに酔える」ような価格帯の酒場またはサービスメニューの俗称。

15分もあれば関空に行けて、そこから格安飛行機が飛んでるおかげでちょっと沖縄に呑みに行こうとおもえば家を出て3時間後にはオリオンビールを胃に流し込めることができる今の生活環境。そこに待ちわびる近頃の”沖縄せんべろブーム”はまことに危うい罠。去年なんて全くと言ってもいいほど見かけなかった「せんべろ」の看板文字。ここ半年で一気に拡散か。どこもかしこもせんべろ押し。ありがたい反面、素っ気ないのは言うまでもない。安さと引き換えに、”何か”を打ち消される感じ。まあ呑み方なんて人の好みなんで色々あった方が酒場は賑わっていいとおもう。にぎわってこその大衆酒場。だけど自分的にはまず大衆食堂やステーキ屋もしくはタコス屋で腹をある程度埋めてからカウンターがあるお店で沖縄料理をあてに呑むのが一番気分がいい。
しっかしあそこまで、どこもかしこも、せんべろを売りにしてしまうと庶民の馴れも加速して、言うてる間にありがたさが消えて飽きてしまうだろうに。路地に入れば10mおきにせんべろせんべろ。
そうなればやはりどこかが、抜き足で次の手へ。さらなる奉仕への挑戦。
もうワンコインしかない。500円玉でベロベロのワンベロへの挑戦。
だが現実問題、ワンコインでベロベロにさせるのは不可能に近い。いいとこベロベロじゃなくペロペロ。よってワンペロ。
大衆酒場に次にやって来る新たなる波は、ずばりワンペロと予想してるわけだが。


20161211_1550736.jpg
photo by tsunami times

津波ルアーズ 「ワンダーペッカーロイヤル」 通称ワンペロ
あのワンアクションごとにペロッと水面を舐めるプラグがようやく再発となる。
デザインとアクション、共にいかにもオールドファッション的なバススプラグ。あのピーナッツバターが好きそうなまぬけ面が大好きでこの再リリースを待っていた人も少なからずいてるはず。
せんべろブームとは無縁だけど、同じように地味にワンペロブームなんが一部水域で突如湧き起こったりしたら、この大衆娯楽のバス釣りの懐の深さも柔軟に広がるのになあ。とか、よくわからんことを某酒場でおもう。

ちなみにこの「せんべろ」。ウィキペディアによると一般には作家の中島らもと編集者の小堀純が、共著の著書『せんべろ探偵が行く』で使い始めたのが最初と言われている。ということらしい。
なんとも言い難い妙な因果にいたずらされたような気分になる。
その昔、津波ルアーズ元木さんが中島らも氏のバンドでギターを担当していたという過去。大好きな沖縄での昨今のせんべろブーム、そしてその先に自分が推奨するワンぺロ。そこに「ワンダーペッカーロイヤル」の再販。この連鎖、不可解だ。

そんなことに引っ掛かってるのは、きっとこの世界で自分だけ。
きっとそこには

なにもない。

posted by ns at 23:40| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

察知

KIMG706.jpg
友人Yは鋭い。
何かと鋭い。
モノの見方が歪んでるのか、他人の気づかない部分または見えない部分にズブリズブリと感覚的ナイフを刺す。
こういう人間は自分の目にはとても漫画的に映る。滑稽で愛らしい。
漫画と言っても見下げてるわけではない。
手塚治虫からつげ義春、白土三平に水木しげるなんかが大好きな自分の感性がそう思わすのだから、漫画的という表現はとても王道で上等なヒロインの意。
この写真。先日、彼は釣りの前、水面を見渡せる位置で足を止め、水面を睨みつけた。
何かを察知したのか、そのまま目を瞑り、空気を胸いっぱい吸い込む。
そして、すました顔で「今日はやばいことになりますよ」と。
いきなり、そんな漫画的な顔と台詞を浴びせられたら、一気に期待が膨らみ、早く次のページをめくりたい衝動に駆られる。それはまさに劇漫画の一コマ。これからもの凄い展開が待っているに違いない。
この男が予想だにしないストーリーを見せてくれるのだ。と。

結果、シンプルにノーバイト。
まるで新聞の4コマ漫画のような結果。

「さっさと温泉行きましょ」と、なにごともなかったように後片付けするYは素晴らしい。
湯船に浸かり、「フアー 気持ちいいー」という顔は、まぎれもなくジャグ漫画の一コマ。

彼との釣りは面白い。
何がオモロいって、やっぱり顔と台詞だと思う。

はやく次号を読みたい。
そんな気持ちで一杯となった先日の釣りでした。
posted by ns at 22:17| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

釣りに死す

128194404.jpg

釣りに死すと覚悟をした25年ほど前に愛用していたタックルボックスはOldPalのもの。
パルの意味は友達、仲間、相棒とか。オールドパルは旧友とか幼なじみ、すなわち竹馬の友みたいなもの。
釣具でこのネーミングって、とびきり最高とずっとおもっていた。
そこでキャンプパルとした。そういうことでキャンプパルとなった。

数年前、兄が突然に気が狂って釣具屋をやると言いだした。
手伝うしか選択枠がなかった。
そしてスタート。必然的に運命的に色んな人と出会う。
そして下北山村でのキャンプ&フィッシングを実行。
実は最初のきっかけを作ったのはスクリームの稲見さん。
七色ダムの近くに移住した稲見さんが企画したキャンプ&フィッシングに参加したのが最初。山奥の奥、七色ダムのさらに奥の小森ダムのほとりのおくとろ公園キャンプ場で開かれた集まり。おぼろげな記憶では徳島のシャープ0(バス俱楽部)なんかが招集されていた。
こちらは兄とIKDと自分の三人。釣りとキャンプと温泉の山奥トリップ。
すべてはそこから。
マイキャンプブームのピークは90年代後半。道具も色々と揃えて関西オートキャンプ場ガイドみたのを買って釣りをやらない友人達と自然を楽しんだ。そのころはほとんど釣りとは絡ませなかった。たまにフライタックルを持っていって里川でカワムツなんかと戯れるぐらいだった。しかし理想はずっと則さんのキャンプ&バスフィッシングだった。若かれしころに強烈な格好良さにぶちのめされた雑誌の写真、その摺り込みと憧れ。ただただ、それだけ。
下北山村へ泊りに行くのも今年で10年目。もはや特別な地。
あのキャンプ場は、「ただいま」と言いたくなるくらいの愛着がある。
池原ダム 七色ダム 小森ダム。けっしてバスがよく釣れるフィールドではない。
だが魚がよく釣れる場所と心躍るフィールドというものは自分にとってはイコールではない。
なんというか、やはりロケーションと空気感と野生に対峙するアウェイ感。
そこに興奮する。
あの場所はそれを十分に満たしてくれる。
あと何年、あそこに集まってこんなバカげたことを楽しめるのか。
理想を言えば死ぬ寸前までやりたい。老人になっても集いたい。
一年に一度、白髪や剥げ頭の爺さんどもがゾロゾロと集まってきて、サーフェイスゲームを楽しみ温泉入って晩酌。これって最高にクール。

こうなったらとことんやろう。
やめる理由もないし。
posted by ns at 22:03| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

生き字引

2804.jpg
ルアー釣り入門 井上博司著 1972年
先日の関東出張で神保町の鳥海書房で購入した本。
舶来のルアーフィッシングの紹介本ではなく、日本でのルアーフィッシングが独り立ちをはじめた時代の名著。まさに黎明期の教科書。
古い本とはいえ、内容は濃厚。そこまでやるかというほど親切な解説と解析。
近年の本より、ずっと実戦的におもえる。
なぜ、この本を購入したかというと、それは本棚を夢中で物色してたら横から三浦さんがスッとこの本を差し出してきて「持ってる?中みてみて。」と。そして、なにげにパラパラとみてたら、「よく見て」と。
ハッ!アッ!
キャスティングのデモンストレーター!!
32938.jpg
そんな昔から、そのな場所にいてたんですね。
日本のバスフィッシングの夜明けから現在も現役バリバリ。
ひたすらキャストをし続けてるんですね。
まさに生き字引。
同船して一緒に釣りをさせて頂いたことを光栄におもいます。
ほんとかっこいいです玉越さん!!

井上さんの偉業はもちろんのこと、付録に玉越さんの若き時代のブロマイド付き(笑)

というわけですよ。

posted by ns at 21:28| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

地獄に堕ちた野郎ども

パンクといえば、そう先日の事、ダムドのドキュメンタリー映画なるものを観に行った。最近、70-80年代のバンドを扱ったこの手の映画がやたら多い。懐古的なもんは敬遠しがちだが、今のリアルなダムドをみれそうな内容だったので最終日にこそっといってみた。ここんとこバッドブレインズの映画も全国的に盛り上がってるみたいだから、ひょっとしたら満員ではとか無駄な心配をしてはみたけど、そこはダムド、やはりガラガラ。当然と言えば当然だが、しかし納得もいかない。
自分にはダムドはピストルズとほとんど同等の存在。ロンドンパンクの最高峰。
それなのに.......人気低い。恐ろしいほどクレイジーすぎるからか。。
映画のタイトルは「地獄に堕ちた野郎ども」。ダムドファンにはこれ以上のタイトルはないけど、客観的にみたら、最悪なタイトル。。。これじゃどう考えてもヒットは見込めん。
とにかく昔からアンラッキー続きのダムド。この映画を見てますます好きになった。
自慢話になるけど、一昔前、ベロベロに酔っぱらったキャプテンセンシブルにほっぺにキスされたことがある。これは老後にその写真をもって若いパンクスに自慢しようとおもってるネタの一つ。
それにしてもシュールだった。
映画の印象と同じぐらい心に焼き付いたものがある。
それは映画館の超真面目そうな草食系スタッフの男の子が開演前に大きな声で、「間もなく開演しまーす。地獄に堕ちた野郎どもは、こちらです」「地獄に堕ちた野郎どもは、こちらからお入りくださーい」と叫んでいる。
お客に向って地獄に堕ちた野郎どもって......。
おかしくてつい笑ってしまった。入口からゾロゾロと地獄に堕ちた野郎どもが入場。
その中に釣友のマモルの姿が!!
あいつは地獄に堕ちた野郎どもで正解だ(笑)

朗報 3月に来日!!


posted by ns at 22:05| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

punk forever

いよいよXデイ間近。
SEX PISTOLS「Anarchy in the UK」リリース40周年記念の11月26日。
今年イギリスでは国が率先して「パンクロンドン」と題した年間イベントに取り組んできた。全くもってバカバカしいこと。反政府反体制の象徴であるパンクシーンを讃えるという愚行。当時は弾圧に必死だったはずなのに。にっくきパンクも後に世界規模で広まってロンドン発の誇れるカルチャーとなったので結果オーライってことか?
それともパンクが主権に喰われたのか?
遠い国の自分にはほんとうの実体は見えないが、唯一、マルコム・マクラレンとヴィヴィアン・ウエストウッドの息子のジョセフ・コーレの行動にだけは心躍る。
イギリス政府がパンク40周年行事を官製イベントとして企画することへの反発として、自ら所有するパンク関連のアイテム8億円分相当を11月20日にカムデンですべて焼却すると表明している。
これは笑える。
この行為を惜しいと思った時点で、もうパンクじゃない。

イギリスもいっそのこと、これを機に国歌を「Anarchy in the UK」に変えればいいのに。。

posted by ns at 20:43| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

継続は骨なり

週末、teatのお茶会。微力ながらお手伝い。
とっても楽しく素敵な集会でした。
現行日本の釣具の愉しみ方の一つは作り手に会えること。作り手が生きていて会うことも話をすることもできるということは、実はとても喜ばしいこと。アメリカンルアーやオールドのルアーでは決して味わえない特権。
もちろん、逆の見方をすれば、それは裏目の現実をせきららにみることとなるリスクもあるが、やはり、つり人同士の対面となれば面白味の方が勝っているとおもう。
teatのノリチカさんは実におもしろい。魅力たっぷり。こういう人がこの時代にルアーを作っているということは、ほんと頼もしいし、ありがたいかぎり。
現在、teatが沢山の人達の釣りを彩っている事実は、そのままこの時代のこのシーンの一つの象徴。
次の時代に誇りたい存在の一つ。

teatに思う
teatのプラグは進化も退化もしない。はじめから完成形。
足りない部分も無駄な部分も見あたらない。スキがない。
昔から言ってるが、いまだteatのルアーがプランクトンもしくは骨の造形にみえる。
10年後、20年後、一体どういうものを作ってるのかが実に楽しみ。

ノリチカさんがルアー作りをはじめて、20年。
「これからも頑張ってください」って声かけたら「俺は頑張らへんよ」と即答(笑)
「継続は力なり」というが、継続は決して努力だけではなし得ない。
いくら頑張ったからといって魚が釣れるとはかぎらんのと一緒。
コツコツというのも、コツ(秘訣)を心得てないとただの空回り。
そこら辺がわかってる人達は天才か?はたまた天然か?
わかってても、実行するのは実にむずかしいものだ。

teatのお茶会 次は2026年!
どんな時代になってろうが、teatは変わってないやろなあ。
実に頼もしい存在です。

KIMG0385.jpg
posted by ns at 21:29| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

関東出張 01

先週、久々に関東に出向いた。
若い頃に3,4年東京で暮らしていたので特にアウェイな場所ではないが、今回は東京着で千葉県がメイン。初場所ばかり。しかも、かなり舞い上がってしまうスケジュールで、始終、緊張と興奮により妙な感覚が体中を包みこんでいた。
全日、ナビゲートしてくれたのは三浦修氏。まさか子供の頃に愛読してたBASSERの、しかも、まさにその頃の編集長の三浦さんとデートすることになるとは。。人生わからんもんです。
いい大人ながら前夜は興奮でろくに眠れず。この出張は釣竿は持たないが、立派な釣行なのだ。
東京着くなり、泣く子も黙る「つり人社」へ直行。
釣りの話や本の話、メディア視点の話などなど面白い話が沢山聞けました。さて、僕らは以前から、とある書籍の計画を企ててるのですが、その相談もしっかり。さてさて実現なるか!?
その後は、いつかやりたかった神保町の古本屋めぐり。昼飯にスマトラカレーを食って、いざ。時間も限られていたので釣り関係に強いお店だけを徘徊。遂に遂に海鳥書房へ。あの街、一日中遊べそう。いや、一生遊べそう。
それにしてもつり人社...。編集部でせっせとお仕事をしている皆さん、とっても羨ましかった。だって、365日つりの事を考えてるんですよね。それが仕事。そりゃ、仕事だから辛い事も嫌な事もあるだろうけど、それでも羨ましい限り。本好きで釣り好きの自分には溜まらん会社。
ほんと素晴らしい出版社。1946年創業はだてじゃない。
時間に余裕ある人は、ぜひつり人ノベルズを読破するべき。
サカナ釣りが何倍も面白くなる。

関東にやって来て1時間ほどで、もはや感嘆の声しかでなくなった。
今回の関東遠征はかなりヘビーになる。灰にされると、この時点で覚悟した。
剣山でザクザクと好奇のツボを刺激される旅。

なにやら逃避の為に作られたような”さぼうる”というまるで映画又は深い眠りの夢に出たきそうな喫茶店で一服。素敵だがあんなの近所にあったら絶対時間の感覚が狂いそうで恐い。
さあお次ぎは千葉へ。
目指すはつるや食堂。
そう、あの古山輝男さんに会いに。
大御所に会う緊張と期待でもはやパニック。

そして、そこでほんまもんの「粋」をみることに。
posted by ns at 23:41| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

20

1996年から1998年あたり、ほんと楽しんだ。次から次にサーフェイスプラグブランドが登場した。それまでアメリカ出身の魚はアメリカのルアーで釣るのが正統、とか言って根っからのアメリカンルアー至上主義だった自分は、ある日、ライフベイトと出会い、一目散にスタンスを変えた。
フラリと寄った広島のキャッツっていうお店で一目惚れ。その後、兵庫の喫茶バスでパラノイアの洗礼。
勢いでその頃、自分もルアー造りに励んだ。そしてはじめて納得いくものが完成した。だが、そのルアーに似た形のルアーをとある釣具屋で見かけた。悔しかったけど、そのルアーの方が数段格好よかった。そして動きにも、敗北を認めた。それはティートのフラッパー。
それにしても、あの頃に動き出した人達はほんとこの釣りを面白くしたとおもう。
なんとアレから20年。人なら成人。
短かったような長かったような。でもこの20年は日本のバスシーンはまさに激動。山あり谷あり氾濫あり渇水あり。それを乗り越えてきたブランドっていうのはもはや日本の釣り財産だとおもう。我々はそれらを守るべき。守る価値は間違いなくある。
ことしで20周年を迎えたブランドはトップウォータージャンキー、ライフベイト、ティートなどなど。
もはやジャパニーズスタンダード。
祝福と共に感謝の念に堪えない。
そんな成人式を迎えたブランドの一つ、ティートが今週末、お茶会を開きます。
10周年の時に開かれたあのお茶会。20周年目の今年も行なわれます。
10年に一度のめでたい行事です。
ロットンもめちゃめちゃお世話になってきたノリチカさん。
10年前、開店決定したとき、ズバッと「応援する」と二つ返事で言ってくれたのはとても心強かった。
あの恩は決して忘れる事はない。
先日、ベロベロの自分に「お茶会でなんかやるか」というもんだから、勢いで「やる」と言った。近くにいたジャーさんを巻き込みDJやると言った。酒の勢いとはいえ、そこだけは真剣に応答。
この10年、ノリチカさんに「お前、言うだけやからなあ」と何度も言われてるのもあるし、こんなとこで恩を返していかないと男が廃る。だから真面目にやります。身近な友人は絶対酔っぱらってやらん、と言うけど、ノンアルコールできっちりやり遂げようと思う(笑)。とはいってもジャー様頼り!!
とにかく、今週末はみんなで関西最強の無骨ブランド”ティート”の20周年を祝いましょう!!

2016teattime21.jpg
posted by ns at 01:50| 日記 | 更新情報をチェックする